不動産を購入する場合の住宅ローンの支払い

不動産を購入する場合は、住宅ローンを組む人が多いですが、一体どれぐらいの返済額にするべきでしょうか。
毎月の返済額があまり多すぎると、住宅の維持をするために働いていることになり、非常に苦しい状態が続きます。
それが1年から2年で終わるのであれば我慢することができるかもしれませんが、この先に20年も30年も、その不動産を維持するために働くとなると自らが課した強制労働のような感じになります。
家族の笑顔は消え、毎日暗い日々を過ごさなければならない可能性があります。
お金はそれぐらい精神面を左右するものです。
そこで、毎月の返済額の目安ですが、もし今まで賃貸住宅に住んでいたとしたら、その家賃の3分の2ぐらいに抑えておくことが必要です。
毎月家賃を10万円支払っていたとすれば住宅ローンを組む時の返済額は多くても6万円台にするべきです。
なぜなら、マンションや一戸建て住宅を購入した時には、固定資産税や生命保険の支払いが毎年あり、それだけでも毎年15万円から20万円は出ていくことになるからです。

http://www.jinbo.co.jp/

http://www.trailer-house.co.jp/

http://osaka-ninbai.net/

【HP】尾張旭のリフォームプラザサカベhttp://reform-sakabe.co.jp/

テーマごとにお部屋をお探しください

最新投稿